loading

NEWS

時代は変わる。今もここにいる。

 

 

「今日のライブ見たいねんけどー」

と数時間前にラインすると

「遅刻すんなよー」

とラインが帰ってきたから

友達のライブへ行ってきた。

 

いつもどおりの友達とのやりとり。

でも、今日は、いつもどおりとは少し違う

特別なライブだった。

 

年末も年始も、誕生日も毎年一緒に過ごす友達。

なんなら昨日も一緒にいた。

友達のライブ。

 

[①、渋谷]

しかも今日のライブ会場は、特別で

俺らが何度も一緒に走った公園のすぐそば。

2人で何度も通りすぎた

渋谷の代々木第一体育館という場所だ。

 

あいつとは、出会って9年だが

ずっと家が近くて、なんじゅっかいも

この場所を通り過ぎてきた。

つか、2週間前のクリスマスも、一緒にここにいたし。

 

ランニングしながら、よく話した

「いつか」の話。

1万人くらいだろうか。

今日のお客さんは。あの頃、話していた光景は今日、広がっていた。

 

 

[②、ブエノスやん]

でもお客さん10人のライブの時と、なにも変わらない

距離なんかないライブだった。

これは、マジで物の例えでも、なんでもなくて

本当に自然体のいつもの渋谷。

 

その証拠に、なんかの曲の前にも

「これはシロセが作った曲で~」

とか、言ってくれたりもして

「これ、ブエノスでしかありえないMCじゃね??」

 

と、ビビった。

1万人の前で、きょどった。

視線が少し俺に集まったから、油断してたなりに

会釈をする俺。

 

あの俺のキョドりようも、あの日のブエノスの全くデジャブだ。

キメ顔でいとけばよかった。

きっとまじブスだった。

 

ものすごい景色をくれたなぁ。

すごすぎるラブ。ありがとう。

(でも、いかれてるぞ、お前。)

 

 

[③、小さなライブハウス]

“渋谷の小さなライブハウスから

渋谷で一番大きなライブ会場へ”

このフレーズは、今回のキャッチコピーとして

今回、きっと多くの人が何度も見てきた。

 

とても華やかな言葉だ。

でも、この華やかな言葉の裏側にはたくさんのドラマがあった。

だから俺はその言葉を目にするたびに、

実は切なくて泣きそうになる。

一緒に泥水を飲んできたからね。

 

この景色を、一緒に過ごせなくなった友達なんて

もちろん何人もいて。

 

でも、俺らの世代はきっと恵まれていて

今日の関係者エリアも

たいきや俺らが一緒に過ごしてきたクリエイターや、音楽仲間

いつもの仲間がたくさんいた。

こういう世代は、なかなか珍しい。

 

こんな景色をずっと守ってくれてる、あいつは

はっきり言ってかっこいい。

 

[④、大きなライブ会場へ]

友達としてかっこいいだけではなくて、

きっと、この渋谷を何十年、振り返っても

このジャンルで、ブエノスから、代々木まで行ったアーティストは

彼らがはじめて。

 

この世界や、このジャンルは、甘くない。

でも、全ての定説を俺の友達は全部

ぶっ壊してきた。

 

 

[⑤、夢]

もう一度、いっておくと。

俺の友達は今日、夢を叶えた。

“渋谷の小さなライブハウスから

渋谷で一番大きなライブ会場へ”…。

 

もうずいぶん有名やけど

もしまだ彼らを知らない人がいたとしたら

ぜひ、きいてみて欲しい。

自分が関わらせてもらった曲も何曲かあるので

ぜひ、なまで見て欲しい。

 

Da-iCEという、アーティストです。

音楽を始めた頃に出会った、同い年の

たいきという友達です。

 

時代は変わる。今もここにいる。

 

(笑)

_____________________

 

あとがき。

あの頃、このあたりを何度もランニングして、

たくさん夢を話した。

まだまだ夢の中、夢の途中。

そんな景色をもう9年も一緒に見させてくれて

ありがとう。

 

なんか、今日は、お前と一緒に作った

「Noise」が、頭に流れてる。

お前とよく食う、そば食って帰るわ。